ブログカレンダー

9月 2020年10月 11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

sp_03.jpg

 

 

先日、ご注文いただきました、『三宝(三方)木曾桧 8寸』132台(上図)と、

『三宝(三方)木曾桧 一尺』18台 計150台の出荷前のチェックの様子です。

 

一度に、これ程たくさんの量も珍しいので、思わず写真を撮っておきました。

 

天面が約24cm角、高さも20cm程ありますので、6段に積んで、約120cm程あります。

 

出荷に際し、これにあわせた土器類も、当然、大ぶりなサイズとなるので、50個口ほどになり、

梱包に大変苦労しましたが、無事、事故もなく、お届けすることが出来ました。

 

 

不思議と、似たようなご依頼はつづくもので、今年は「三宝」のご依頼がつづいております。

 

 

白木(地のまま)の三宝は、経年するにつれ、茶色になっていきます。

あまりに、古いものはこの際に、お供えを上げるにふさわしくご新調なされてはいかがでしょうか?

 

三宝三方)各種  >> https://www.isemiya.com/products/list.php?category_id=78

 

三宝(三方)各サイズにおきまして、年末が近づくにつれ、在庫状況が大幅に変化いたします。

出来れば、お早めにご用命いただくことをオススメいたします。

 

 

 

また、近況としまして、初の公表となりますが、『伝統と革新』を意識しながら

新たなご提案を水面下にて進めております。

 

そうした意識をもちながら、色々な案件を進めている最中ですが、

これまた、不思議なことに、そうしたお仕事が突然、舞い込んでまいりました。

 

某有名デザイン事務所様からご依頼いただきました別注品となりますが、

進むべき方向性と合致し、大変興味深く仕事を進めております。

現在、日程を調整しながら、順次試作に掛かっていくところです。

 

受託生産品ですので、当店で販売することは恐らくないとは思いますが、

どちらかで、お目にかかることがあればと、楽しみにしております。

 

 

 

 

 

カテゴリ:
神具
タグ:神具 , 三方 , 三宝 , 別注

 

本日は中秋の名月・十五夜でしたね。

明日は、月と地球の距離が近づき大きく見える、今年最後の「スーパームーン」です。

夜は空気も澄んで、月が綺麗な季節になってまいりました。

 

 

先日、この十五夜に向け、某ホテルで使用される三宝(三方)をご用命いただきました。

 

 

三宝(三方)は、日々のお供え用としてはもちろん、特に年末時期には需要の多い品ではございますが、

十五夜として、四季の風情と趣きのあるご用命に、短納期で、数もそれなりの量ではございましたが、

是非とも、そのお気持ちにお応えすべく、お引き受けさせていただき、先日無事、お納めさせていただきました。

 

 

神具を扱っておりますと、ハレの節目節目に、こうした機会に巡り会うことにやり甲斐と使命感を感じております。

 

 

IMG_3.jpg

 

 

伊勢神宮の125社の中にも、『月読宮』と『月夜見宮』という

読みはともに「つきよみのみや」とされる内宮・外宮の別宮がございまして

お月見を鑑賞して味わうだけでなく、闇夜に光り輝く月への信仰、収穫への感謝、月の満ち欠けによる暦を司る神など、

月を信仰の対象としてきたことがわかります。

 

 

IMG_1.jpg

 

 

出荷の前に、スマートフォンで撮った写真ですので、あまり綺麗に見えないのが残念な上に、

サイズ感が伝わりにくいかもしれませんが、小さいながらもかたちはそのままの存在感があり、

女性の方の表現を借りると、とてもかわいい、品です。

 

 

IMG_2.jpg

 

 

今回、ご用命いただきました三宝(三方)は、遠山三宝3.5寸・木曾桧と、比較的小さな三宝です。

4寸以下の三宝は、小三宝とも呼ばれ、4.5寸以上の通常の三宝より板の厚みが薄いタイプです。

 

念のために、背の低い方が『遠山三宝』、背の高い方が『(普通)三宝』です。

 

 

s-sanpo_4.jpg

 

 

板の厚みが薄いため、刳り形のディテールが通常のタイプと異なります。

 

 

_D3A0507.JPG

 

 

上図が通常の遠山三宝の刳り形で、下図が『遠山・小三宝』の仕様です。

 

 

s-sanpo.jpg

 

 

繰り返しになりますが、三宝のサイズ選びの基準として、

「4寸以下の三宝は、小三宝とも呼ばれ、4.5寸以上の通常の三宝より板の厚みが薄いタイプ」

というのを覚えておいていただけると幸いでございます。

 

 

こちらの商品の詳細はこちらから >>  三宝 (三方

 

カテゴリ:
神具

師走の幕開け

 

いよいよ、師走の幕が開けました。

そのはじまりの日として、ご注文には最適日で、朝から沢山のご注文をいただいております。

 

この1日、2日は、ちょうど土日で、じっくりとご検討いただける機会かと存じます。

神棚や、しめ縄、お正月用の三宝など、ご入用の品を早い時期にご用意いただき、

年末を有意義にお過ごしいただけると幸いでございます。

 

今日の伊勢は、午前中、非常に風が強く、厚い雲に覆われ、時折、雨がちらついたりと、不安定な天気でしたが、

正午現在、その雲が一気にはれ、澄んだ青空がとても綺麗です。

朔日参りのお出かけに、両宮、賑わっているころでしょう。

 

ご遠方の方も、氏神様にお参りしたり、神棚周辺を清め、お榊を新しくされるなど、

気分も新たに、この師走を楽しみながら過ごしていただければと思います。

 

古くなった神棚神具をおまつりのお客様は、お取り替えの節目としていい時期です。

記念すべきご遷宮年の御札を納めるにふさわしい、真新しい神棚・神具でおまつりいただいてはいかがでしょうか。

 

年内は、休まず営業致しております。

古い神棚の処分や、その他、ご相談等もお気軽にお問い合わせくださいませ。

 


 

  お問い合わせ窓口

 

    ・電話番号 : 0596-63-8805 ( 9:00 - 19:00 ・休業日を除く)

    ・FAX番号 : 0596-63-8850 ( 24時間 )

    ・Eメール  : info@isemiya.com  ( 24時間 )

    ・お問い合わせフォーム  : https://www.isemiya.com/contact/index.php  ( 24時間 )

 

    神具の地、伊勢の神棚神具専門店 伊勢宮

    https://www.isemiya.com

    〒516-0016

    三重県伊勢市神田久志本町1474-3 伊勢倉田山ぶんか館

 


 

カテゴリ:
近況

 

昨日から開始させていただきました「お伊勢さんのしめ縄」ご予約受付開始ですが、

この時期、しかも初日から、多数のご予約をいただきまして誠にありがとうございます。

 

shime_cate0...

 

 

この時期に年の瀬の準備?と、急かすようで、大変申し訳ない気持ちもございますが、

年末に、毎年購入していただいている方々へ、売切れにつきお断りをさせていただくことの方が、

もっと辛く、出来ればご愛顧いただいております多くの皆様のもとで、お祀りいただきたいという、

判断から、時期を早めさせていただきました。

 

年末は、私どもの仕事は、有り難いことではございますが、大変な繁忙期となります。

年末準備となる神棚や、神具はもちろん、しめ縄、お正月商品の三宝三方)など、

本当に猫の手も借りたいくらいの忙しさで、冷静さを保ちつつも、どこか手落ちがないか、

納期は大丈夫かと、毎年毎年、わずかな睡眠時間で、頭の中がぐるぐると、優先順位の段取りなどで、

いっぱいになります。

 

その点、ご予約のお客様へは、優先的にご用意させていただくことが出来ますので、

数量が足りるかという心配もなく、こちらも安心して、発送することができます。

 

ただ、こうして忙しくさせていただくのも、伊勢のしめ縄伊勢の神棚を、お選びいただくお客様が

いらっしゃってこそ。本当に有り難いという感謝の気持ちでいっぱいです。

 

どうか、皆様も出来る限り、暮れの何かと忙しいご準備を分散され、万事無事、年末年始を迎えたいものですね。

 

カテゴリ:
近況
このページの先頭へ戻る