ブログカレンダー

1月 2020年2月 3月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

 

只今、品切れの商品が多くお客様方には大変ご迷惑をお掛け致しております。

 

 

前回にひきつづき、お客様から頂いた、当店へのご褒美であり、宝ものでもある、

「お客様からのお声」をご紹介させていただきます。

 

 

まだ、昨日のことのように覚えておりますが、3月上旬に「お問い合わせフォーム」より

『神棚・極上茅葺屋根違三社』について、ご質問いただいたところからはじまります。

 

 

何度かメールや、お電話を通じて、ご質問にお答えしたりしながら、また、現状として

納期にお時間頂戴する旨などを、正直にお伝えしてご返事をお待ちしておりました。

 

 

その際、商品ページ以外の写真はないかということで、

過去に記録用として撮ってあったものを、実際にお客様へお送りした写真がこれです。

 

【神棚】極上茅葺屋根違三社 木曾桧

 

IMG_01.jpg

 

IMG_02.jpg

 

 

他店様とも比較検討中ということもありましたが、たとえ商品は気に入っていただけても、

自社として、この時期「納期」という非常に頭を抱える問題を抱えておりましたので、

「なるべく早い時期に」というご希望に、正直、ご注文は難しいだろうと考えておりました。

 

茅葺(かやぶき)神棚の屋根以外の部分、いわば本体(土台)部分を、当店では木地と呼んでおりますが、

時期的に、その木地もない全くゼロからの状態でしたので、なおさらです。

 

 

 

「納得のいくものができるなら、いくらでもお待ちします」

 

 

 

そんな中で、正式に注文したいというご意向と共に、添えられておりましたこの言葉は、

大変有り難いお言葉でもあり、職人には大変なプレッシャーでもあり、また職人魂に火がつく言葉でもありました。

 

 

当然、その間にも約半年待ちのお客様へのご納品や、抱えている仕事の綱渡り状態の日々が続き、

気は焦るばかりですが、暦は進んでいきます。

 

そのあいだに、「納得のいくものを」と、「いくらでもお待ちします」という

決して切り離して考えてはいけない言葉が、天使と悪魔のささやきの如く、何度リフレインしたことでしょう。

 

 

そして、ようやく、前回ご紹介させていただいたお客様同様、最高峰の組み合わせである、

この神棚に合わせた、【特選棚板】特選棚板(神棚用) 木曾桧 40号 幕板付

別注サイズ、巾1200mm 、奥600mm、高775mm 総木曾桧も完成し、

約三ヶ月半待ちの7月上旬にお納めさせていただきました。

 

 

ご納得のいくものを果たして納品出来たのか、出来栄えには自信はあっても不安はよぎるものです。

 

 

神奈川県 H 様


 

伊勢宮様

無事、神棚が届きました。


新たに場所を確保して、神様に移っていただきました。

夏越の払いのちょうど後で、いい時期に戴いたと思っております。 本当に待った甲斐がありました。

 

特注で作っていただいた棚板はただただきれいで、茅と檜の色合いとバランスが素敵な神棚は、

すでに写真で見せて頂いてはおり驚くことはないと思っておりましたが、実物は想像を超えて美しかった。

圧巻であります。
 

ただし、とても大きい神棚ですので、はじめは部屋の中で浮いてしまうかとの危惧もありました。

 

ですがそのようなこともなく、実に自然で静かなたたずまいで、見上げる度にとても心が落ち着きます。

 

本当に良いものを、ありがとうございました。

 


 

 

思えば、今年の初めに神宮と出雲を、3日間の短い日数で参拝したのが始まりでした。

年の頭に会社を変えたのですが、その間を縫って心機一転するのが目的でした。

 

神宮の美しさに感動して、ぜひ茅葺の神棚をと思い、インターネットでご縁が出来たのが伊勢宮様でした。
 

伊勢をはじめとして今年から、神社参拝の旅にはまっております。神奈川、東京は大小多くの神社がありますし、

武蔵御岳神社、大山阿夫利神社など、山にも挑戦するようになりました。今月最後には出羽三山に挑戦し、

8月には富士の奥宮を参拝する予定です。

 


神社を巡ると、その土地の神様とその土地の人々の暮らしが見えてきて、日本の多様性に改めて気付かされます。

そして、学生時代に歴史や神話が好きだったことも、久方ぶりに思い出させてくれました。
 

 

神棚を見ていると、そういった縮図として日本を見ている気がするのです。

 

伊勢宮様の神棚が、日本人としての自分を支えてくれています。

 


 

H様とメールで、やりとりさせていただく毎に、神棚の仕様やそれにまつわる知識など、

造詣の深さや、思いがひしひしと伝わってまいりまして、こちらも非常に刺激になりました。

 

お送りいただいた設置後のお写真も、各地でいただいた御神札が隅々にまでお祀りされており、

その言動の一致と思いが深く感じとれるものでありました。

 

そうしたお客様へ、ご納品出来ましたことが当社にとりましても非常に光栄なことであり、

また、今後の糧であり、財産のひとつとなることは間違いありません。

 

このようなお誉めのことばは、身に余るものであり、H様の感受性豊かな表現力あってのことと存じておりますが、

何より、商品としてだけではなく、思いと思いが重なったことが、正直にうれしいです。

 

ことばや写真では伝えきれないことの方が多いですが、感謝の気持ちもそのひとつです。

 

ありきたりな言葉になってしまいますが、本当にありがとうございました。

 


 

 

そして、またも力が入り過ぎ、長文となってしまいましたが、最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 

 

カテゴリ:
お客様からのお声

 

うちには、来年、小学校に入学する息子がおりまして、

この時期、幼稚園の年長ともなると、お母さん達のあいだで、話題となるのが、「ランドセル」です。

「もう、買った?」、「何色にした?」など、親たちも子供の成長の節目として楽しみな時期です。

 

その息子は、隔世遺伝って本当にあるんだなぁという程、妻のお父上、おじいちゃん似で、しかも初孫。

おじいちゃん、おばあちゃんも、記念のランドセルを孫へと、思ってくれていたかもしれないのですが、

妻と私とで、どうしても買ってあげたい「ランドセル」がありました。

 

それが、「土屋鞄のランドセル」でした。

 

その中でも、私たちの決めてとなったのが、店舗予約限定の「ヌメ革ランドセル」です。

店舗限定なので、伊勢から一番近い直営店は、名古屋店。

 

家業の忙しい祖父母に、そこまで足を運んでいただくわけにもいかず、

先日、少ない休みを利用し、『土屋鞄製造所 童具店・名古屋店』に行ってまいりました。

 

tsuchiya_ka...

 

 

ヌメ革のランドセルは、素材本来の良さを活かし、表面加工が施されていません。

ですので、キズがつきやすい素材ではあるのですが、それはただのキズではなく、時間とともに、経年変化を楽しめる証。

 

「傷を恐れず、このランドセルとともに成長し、その6年間の思い出を詰め込んでもらいたい。」

そんな想いで、私たちが選んだ息子へのプレゼントです。

 

心のキズや、こけて擦りむいた身体のキズ。生身の人間も相当、傷つきやすいものですが、

そのキズから学ぶことで、成長していき、この革と同様に、人間としての深みや味となっていくのでしょう。

子供達には、まだ、そんなことはわからくてもいいのですが、大人になってからその気持ちが少しでも、

わかってくれればいいんです。

 

 

 

また、造り手側に視線を移すと、

パーツが多いランドセルで、この素材は、職人さんたちにとって、特に気をつかう仕事だと容易に察しがつきます。

その点も、当店の神棚神具神徒壇に使われる木曾桧と通づるものを感じます。

 

同様に表面処理がされていない、無垢の白木で造られておりますので、

少しでも爪が長かったり、どこかに当ててしまうと、表面にすぐに傷をつけてしまいます。

そうした、ものづくりのこだわりを通しても、迷わずこの製品に惹かれていったひとつでもあります。

 

 

現物を見て「あぁ、これだ。よくぞ、このシリーズを販売してくれました。」と敬服の念すら覚えながら、即決。

後日、その様子が『土屋鞄のランドセル』オフィシャルサイトのトップページ「本日のお客様」に使用され、感激。

(※日々更新されておりますので、現在の画面とは異なります。)

 

 

kanata-土屋鞄ラ...

 

 

これで、あとは、3月の納品を楽しみに待っているだけ。

そう思っておりましたが..........

 

 

 

その日から、約一ヶ月が経とうとしていたその日。

何ということでしょう! 

想いは通づるものなのか、今回ばかりは、いまだ興奮覚めやりません。

 

当店の受注管理画面に、「土屋鞄製造所 本店」から受注が、、。

え、まさかと思い、何度も見直してみました。「こないだ、行った土屋鞄さん?」

よくみると、発送先としての支店名がづらりと並んでいる。 すぐに、家内に連絡し、二人で仰天。

 

もちろん、ランドセルの申し込みには自宅の住所を記入。当店を知る由もない上でのご用命です。

 

興奮を少し抑え、支店別にご注文を振り分け、このいきさつをご担当者様にご連絡、ご承諾後、

この記事を書かせていただいております。

 

 

 

株式会社 土屋鞄製造所 ご担当者のH様、ならびに、拙いこちらからのメールをご覧いただいた職人さん達。

偶然ながらトップページに使用して下さった、WEB担当者様、

そして、御社を支える、全ての関係者の皆様へ、この度の、ご縁に心から御礼申し上げます。

 

最後に念のためではございますが、

御社様のように、世に名が通った会社様から注文をいただけたということで、ここに記載する訳ではありません。

 

手前味噌ではございますが、大手ゼネコン様や、大手自動車部品メーカー様、某音楽プロダクション様、

某有名大学様、某球場運営会社様、などなど、名がつく会社様へのご納品実績は今までにもございますが、

その名を、これ見よがしに、出したことは一度もありませんし、金額や内容は、関係ありません。

 

今回の、この短期間で起こった不思議な出会いと、ものづくりを通して共鳴することがあったことへの、

感謝の気持ちと、悦びを書き綴ったまでです。

 

まだまだ、想いは書ききれない程ですが、これからも日本の手仕事の価値を拡げ、牽引していって下さい。

御社の今後益々のご活躍を、遠く離れた伊勢の地より、陰ながら楽しみにしております。

 

 

 

土屋鞄さんのこちらの直営店様にて、当店のしめ縄が飾られる予定です。

実店舗一覧 >> https://www.tsuchiya-kaban.jp/user_data/shop_map_list.php

 

 

simenawa_om...

 

 

simenawa_a4...

 

 

知る人ぞ知る、あこがれの日本ブランド。

革の鞄を熟練の職人さんたちが、丹精込めてつくっていらっしゃる土屋鞄製造所様のサイトは >> こちら

その土屋鞄さんのランドセルのサイトは >> こちら

 

 

そしてこちらが、当店の >> しめ縄 です。

 

カテゴリ:
近況

 

先日、お納めさせていただいたお客様から大変有り難いお言葉をいただきましたので、

ご本人様にご承諾をいただいた上で、こちらをご紹介させていただきます。

 

「東京都在住 N様 女性」 (以下、原文ママ)


 

伊勢宮 さま


昨日、商品3点無事届きました。

本日開封いたしまして
神棚のその神々しさに感銘をうけました。

思っていたよりも、大きく重量感があり
なによりもその茅葺に魅了されます。

職人のかたが丹精こめて作ってくださったんだと
あらためて鑑賞いたしました。

ほんとうにこの神棚にしてよかったです。
ありがとうございました。

こころより御礼申し上げます。

藍玉のブレスレットは本当に「水の色」をしている
透明感のある不思議な石ですね。
つけるのがとても楽しみです。

そして、宝珠−1は全く問題ないです!
とても気にいりました。

購入させて頂きますのでのですぐにお振込みいたします。

この度は、ご好意で先に送っていただきまして
ありがとうございました。
重ねて御礼申し上げます。

 


 

N様とは、お問い合わせフォームを通じて、まずは『茅葺一社」と「藍玉ブレスレット」について、

詳細など、色々とご質問いただいたのが、きっかけとなりました。

 

その後も、おまつりされる神棚に対する真摯な姿勢とともに、N様のこだわりを伺えるやり取りを、

何度かさせていただき、他店様との比較検討もしていただいた上で、最終的に当店へご注文いただきました。

07181710_4e...

 

 

もちろん、伊勢を代表する茅葺きは、特に自信を持ってお届けさせていただおる商品のひとつですが、

やはり、こだわりを持ったお客様の御眼鏡にかなうかどうかというのは、毎回不安になるものです。

 

ご到着後の、上記、N様からのお声は、その不安を払拭していただいただけでなく、

職人への労いのお言葉まで頂戴し、また、決して安い買い物ではございませんので、大変迷われたかと、

お察ししますが、結果「ここで買ってよかった」と思っていただけたようで、有り難いかぎりでございます。

 

 

併せて、ご購入いただいた【護珠堂 天然石】護法念珠(藍玉)浄化用天然塩・ 木箱入り は、

残念ながら、再入荷の予定はなく一点もの。

 

03141933_4d...03141933_4d...

 

天然石は、巷ではピンキリのようなものですが、手に取っていただいたご感想から、

値段相応の間違いのない商品をご提供させていただいたいるのが、わかっていただけるかと存じます。

 

 

上記、文末の「宝珠-1」とありますのは、こちらの商品です。>>【天然水晶】宝珠-1(中)内包物有

 

当初は、現在品切れとなっております、こちら >>【天然水晶】護宝珠 の入荷予定をお問い合わせいただいたのですが、

入荷時期の目途が立っておらず、その代わりといっては語弊がありますが、【天然水晶】宝珠(中・内包物有)

ご提案させていただきました。

 

03221810_4f...03221810_4f...

 

 

こちらの特集ページでは、後々のトラブルを避けるため、あえて一番内包物(インクルージョン)が多いものを、

トップに掲載し、当商品の意味合いを、あらかじめ、お客様にご理解いただけるようにご提示しております。

ですので、写真では表面のキズのようにも見え、大げさにも映ってしまうようにも感じます。

 

すべて一点ものですので、中には「内包物どこにあるの?」と思うほど、

お得な商品もあり、今回、N様にお選びいただいたのもそのひとつです。

 

やはり内包物の度合いを気にされておりましたが、画像では判別がしにくいため、今回特別に他の商品とともに

先に現物をお送りし気に入って下されば、お買い上げしていただくというかたちにしました。

何度か、お問い合わせいただいているなかで、このお客様なら、先に商品をお送りしても大丈夫だという判断からです。

 

結果的に、こちらのお客様からは内包物に関して「全く問題ない」というお言葉をいただきました。

 

以上、三点にわたり、特に印象的なお客様うちの一人でしたので、長くご購入に至る経緯を書かせていただきました。


 

最後になりますが、N様へは、この場をお借りし、この度のご利用とともに、あたたかいお言葉、

また、その掲載のご承諾いただき、誠にありがとうございました。

 

 

カテゴリ:
お客様からのお声

 

ここのところ、当サイトの掲載品以外の商品を、ご注文、お問い合わせいただくことが多くなりました。

神具という、狭いようで、奥深い世界のなかで、お客様のご要望や、ご入用となるケースも様々。

中には、そうしたニーズもあるんだという驚きなど、まだまだ日々勉強させていただく毎日です。

 

法人様の安全祈願祭、事務所の新設、移設の際の神棚、神具、調度品、また、神事の日取りなどが既に決まっており、

納期が迫ったご注文などでは、何とか無事納品が済み「おかげで間に合ったよ」という、お言葉をいただくと、

損得は度外視しても、差し迫ったご要望に対し、そのお役に立てたことが何より嬉しいですね。

 

そうした綱渡りのような、心臓にわるい日々が続いておりますが、可能な限りそのお手伝いをさせていただきますので、

随時、お気軽にご相談下さいませ。

 

もちろん、当サイト掲載品以外の商品も承っております。お気軽に何なりとお問い合わせ下さいませ。

 

 

【ご予約承り中!】

 

 記念すべき年のカレンダー >>『伊勢講暦(いせこうごよみ)』 平成25年版カレンダー

 

神棚 しめ縄』『しめ縄 伊勢』も絶賛ご予約承っております。

 



  お問い合わせ窓口

 

    ・電話番号 : 0596-63-8805 ( 9:00 - 19:00 ・休業日を除く)

    ・FAX番号 : 0596-63-8850 ( 24時間 )

    ・Eメール  : info@isemiya.com  ( 24時間 )

    ・お問い合わせフォーム  : https://www.isemiya.com/contact/index.php  ( 24時間 )

 

    神具の地、伊勢の神棚神具専門店 伊勢宮

    https://www.isemiya.com

    〒516-0016

    三重県伊勢市神田久志本町1474-3 伊勢倉田山ぶんか館

 


 

カテゴリ:
神具

 

さて、本日は敬老の日。

 

敬老の日とは「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨として、

元々は、「としよりの日」と何とも素っ気ない名で呼ばれていたそうですが、

 

今の60,70代の方は、見た目にも大変若く、敬老の日として何かお祝いをするにも、失礼でないかと、心配してしまう程です。

まだまだ現役として、お仕事されてる方も少なくないとは思いますが、以前よりは、余暇を楽しむ時間も増え、

ご夫婦やご友人と、ご旅行などに出掛ける機会も少しは増えてきたころでしょうか。

 

 

そうした行き先として、一生に一度はお伊勢さんでお参りをという思いで、こちらに来ていただく方々も多いかと思います。

 

 

先日、お聞きしたお話のなかでも、

定年後に初めて、ご夫婦で伊勢においでになり、今まで、神棚を祀ったこともなかったそうですが、

伊勢神宮を初めてお参りし、とても感動され、この歳からでも神棚をお祀りしたいということでご注文をいただきました。

 

そうしたお話を聞かせていただくと、大変、心を動かされます。

今までは仕事中心の生活で、そうした余裕もなく、定年後はじめて、その良さに気付いたとおっしゃっておりましたが、

今からでも、十分に時間がございますので、また次のご遷宮となる20年後まで、どうか御達者でいて下さいとお伝えしました。

 

 

神棚をはじめてお祀りされるきっかけや時期は、皆様それぞれにございまして、

先述のお伊勢参りや、ご新築・お引越し、厄年払いとしてや、事業のご発展祈念など色々とございますが、

思い立ったが吉日として、その日が、お客様にとって最適な日とお伝えしております。

 

この日本特有の文化として多くのご家庭、職場などで、お祀りいただき、

われわれとしましては、そのお手伝いをさせていただければ幸いでございます。

 

 

初めての神棚として、先述の方は、今までの分もということで、上等なものをお選びになられたましたが、

大きさや値段にとらわれることなく、お客様にとって、ふさわしいものを選んでいただければ結構です。

「はじめは、小さいこの神棚からはじめて、次は、少し大きいこの神棚にします」と、

次の神棚を既に決めてらっしゃるお客様もなかにはお見えになります。

 

 

常日頃からお伝えしておりますが、敬神のこころはもちろん基本とした上で、

楽しむというと、誤解を生むかもしれませんが、生活を、気持ちをより豊かにしていただくという基準も

非常に重要かと思います。

 

 

多種多様な神棚神具、また今なら、この時期限定の神棚にお祀りする、伊勢のしめ縄をご用意させていただいております。

お客様にとって、ふさわしい品が、当店で見つかれば大変嬉しく思います。

 

 

 お選びの際に、気になる点がございましたら、下記の【お問い合わせ窓口】までお気軽にお問い合わせ下さい。

 


 

  お問い合わせ窓口

 

    ・電話番号 : 0596-63-8805 ( 9:00 - 19:00 ・休業日を除く)

    ・FAX番号 : 0596-63-8850 ( 24時間 )

    ・Eメール  : info@isemiya.com  ( 24時間 )

    ・お問い合わせフォーム  : https://www.isemiya.com/contact/index.php  ( 24時間 )

 

    神具の地、伊勢の神棚神具専門店 伊勢宮

    https://www.isemiya.com

    〒516-0016

    三重県伊勢市神田久志本町1474-3 伊勢倉田山ぶんか館

 


 

 

カテゴリ:
神棚

 

先日、当ブログでも「御霊舎のご納品」としてご紹介させていただきましたお客様から、

追加にて、ご依頼いただいておりました、

『御霊舎(神徒壇)用台座』及び『厚畳』が、無事完成し、お届けさせていただきました。

 

 

発送後、気に入っていただけたかな、と少々不安になりながらも、その日は帰宅したのですが、

その後、メールを開くと、お客様から御礼のメールと、お祀りいただいた写真が届いておりました。

その瞬間、ほっと胸を撫でおろすと同時に、感謝の気持ちで、胸がいっぱいになりました。

 

 

本ご依頼は、お客様のご希望をもとに、ご用意させていただいたもので、

現地を下見していない当方としましては、完成形は想像でしかなかったものですが、

お送りいただいた写真を拝見し、一目瞭然、お客様の見立ての良さに驚きました。

 

以下、お客様に了承を得た上で、いただいた御礼のお言葉とともに、お祀りの様子をご紹介させていただきます。

 


 

 本日、待望の御霊舎台座/厚畳が届きました。
 
 添付した、写真(少しぼやけてしまいましたが・・・)のとおり、お蔭さまで、とてもうまく飾棚に収まりました。
 
 家族もとても喜んでおりまして、伊勢宮 様には、ご配慮いただきまして、お礼を申し上げます。
 
 いつの日か、伊勢方面に出掛ける際には、そちらに立ち寄りたいと思います。
 
 本当にありがとうございました。
 

 

 

120730_1913...

 

 

 

御霊舎は、【伊勢宮の御霊舎 (祖霊舎,神徒壇)】中型御霊舎 木曾桧 板戸仕様 M-M-90T をお選びいただき、

三宝は、既にお持ちということでしたので、神具セット、八足案を含め、その他一式をご用意させていただきました。

 

今回の御霊舎用台座と、厚畳の大きさは、御霊舎とのバランスと、メンテナンスのことを考慮し、

上部にも若干余裕を持たせてございます。

 

 

おかげさまで、仕事冥利に尽きる、当方としましても完成が楽しみでもあった仕事でした。

本納品にて、無事完了ということになりますが、立場を越えた繋がりとして、今後とも続けていけたらと思っております。

ご家族の方にも宜しくお伝え下さいませ。

 

この度は、誠にありがとうございました。

 

 

カテゴリ:
お客様からのお声

 

昨日、『小型御霊舎』及び神具セットをご購入いただいたお客様より、

商品お届け後、ご丁寧に御礼のお電話をいただきました。

 

 

こちらのお客様とは、お電話とFAXを通じて、8月初旬の50日祭に向けたご注文をいただきました。

 

 

旦那様が急逝され、ご本人様以外、後のお世話をする方がみえないそうで、

小さな御霊舎を、身近なところでお祀りしたいというご要望でした。

 

 

造り付けのサイドボードの上に、お祀りいただくというお話でしたので、

直接、サイドボードの上に、御霊舎を置くのではなく、木曾桧の一枚板で厚さ一寸のものを据え、

その上に、小型御霊舎と三宝などの神具類を置けるようなお祀りとしてご提案させていただきました。

 

 

こちらでは、おおよその出来上がりのイメージがついており、

納品前のチェックも入念に行いますので、もちろん、自信をもって発送させていただくのですが、

いざ、お届け後のお客様の反応というのは、毎回、緊張するものです。

 

 

そんななかで、「こんなに立派なものとは想像してなかった」というお言葉をいただき、

このお声が、何より嬉しい瞬間です。

 

この度は、わたくしどもで、お手伝いさせていただき誠にありがとうございました。

無事、お祀りいただけますと幸いでございます。

 

カテゴリ:
お客様からのお声
このページの先頭へ戻る