ブログカレンダー

2月 2023年3月 4月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

 

前回のブログにて、盛り塩をご紹介させていただきましたが、

 

そのなかで、「お塩とお皿の白に…」とあるのですが、

 

盛り塩など、通常、目にするお塩の色は、「白色」に見えますし、

 

お塩は、何色と聞かれれば、「白」と答える方が、ほとんどだとおもいます。

 

 

ですが、実際は、お塩に、色はなく「透明」なんですね。

 

皆様、ご存知でしたでしょうか?

 

 

中学生の頃、理科の先生から、授業の内容はともかくとして、

 

このことを聞いて、非常に驚いたのを覚えています。

 

透明なガラスを、細かく砕くと、白っぽくなるのと同じ原理で、

 

光の屈折と乱反射によって「白」と、言わば、錯覚してしまうのだそうです。

 

そう考えてみると、私たちが見てる世界というものは、そうした錯覚が沢山あるのでしょうね。

 

 

 

実際、見えてるものは、他人と共有することが出来ないので、自分自身にしかわかりません。

 

うちの幼稚園に通う息子が「ぬりえ」の最中、

 

みどりの色えんぴつをもって、「ここは、ちゃいろでぬってー、」とか、色のなまえをよく間違えるので、

 

「色が違うふうに見えるのかな」親として心配になることが多々あるのですが、

 

確かめてみると、やはり、ただの言い間違いらしく、また違う意味で親として心配になります。

 

 

 

そういえば、犬が、見えてる世界は、どうやって調べたのかわかりませんが、「白黒の世界」なんだそうです。

 

もしそれが本当なら、何だか味けなく、可哀想に思えてしまう程ですが、

 

犬にしてみれば、それが、当たり前なんでしょうね。

 

その他の動物や、鳥や虫たちは、世界が何色に見えているのでしょうかね。興味は尽きません。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:
雑記
タグ:
このページの先頭へ戻る